about

インパクト・アナリスト研修とは

「インパクト・アナリスト研修」は、
社会課題解決や価値創造に向けた意思のある資金提供者において、
社会的・環境的インパクトを最適化しながら資金提供を実践できる
「インパクト・アナリスト」を育成するための実践型の研修です。

「インパクト・アナリスト研修」では、グローバルや国内で先進的なインパクト・ファイナンスの取り組みを第一線で実践する方々を講師陣に迎え、多様な事例と実践型ワークを通して、インパクト・ファイナンスの最新動向から、社会的インパクト*を適切に捉え最適化する「インパクト測定・マネジメント(Impact Measurement & Management:IMM)」を学びます。グローバル・国内において社会的・環境的課題がますます深刻化・多様化・複雑化しており、これらの課題解決が急務となっていますが、この「社会的インパクト」の考え方を踏まえた資金提供が広がること、社会課題解決の担い手全般に広まることが、これからの社会に必要であると考えています。

*社会的インパクト:短期、長期の変化を含め、当該事業や活動の結果として生じた社会的、環境的なアウトカム
内閣府による「社会的インパクト評価の推進に向けて―社会的課題解決に向けた社会的インパクト評価の基本的概念と今後の対応策について―」(2016年3月)の定義

こんな方におすすめ

インパクト創出を目指すあらゆる資金提供者(投資・融資・助成など)が対象です。

インパクトを志向した
投融資を始めたい。

インパクトのゴールを
適切に設定して、
その成果を測定したい。

インパクト創出における
資金提供者の
役割を考えたい。

SDGsをはじめとする
国内外の課題解決に
貢献したい。

インパクト・アナリスト研修は、これらの問いに答え、インパクト創出を意図した資金提供に向けて一歩を踏み出す場です。
大手銀行、地方銀行、信用金庫などで商品開発や融資に携わる方、上場株式や債券、未上場株式などに投資する機関、国内の課題解決に助成する財団など、
国内・グローバルな社会的・環境的な課題解決の意思を持つあらゆる資金提供者が対象です。

concept

研修コンセプト

本研修では、金融・投資機関、各種財団・基金などの資金提供団体の中で
「インパクト・アナリスト」としてスキルとネットワークがある人が育つこと、
そしてインパクト創出を意図した商品や事業・プログラム開発が進むことを目指しています。

concept__contents
program

研修内容

基礎編

多様な講師陣による講義や動画、ワークを通して、インパクト・ファイナンスやインパクト測定・マネジメントに関する基礎的な知識を学びます。GSG国内諮問委員会のIMMワーキンググループで発行したIMMガイドブックや、SIMIで発行している社会的インパクト・マネジメント・ガイドラインを教材として、インパクト・アナリストに求められる社会的インパクトの扱い方の基礎や事例を学びます。

実践編

資金提供別の仮想事例をもとにしたケース演習などを通して、インパクト測定・マネジメントの実践について学びます。

選択講座

SDGインパクト・スタンダードおよび認証制度(事業者向け、投資家向け、債券向け)、投資家向けのインパクト結果の比較を可能とする分析基盤(COMPASS)、投資家および事業者向けのインパクト指標のコア・メトリクス・セット(IRIS+)など、多様なツールやガイダンス、フレームワークについて、専門的に学ぶことができます。
flow

研修の流れ

本研修では、「基礎編」と「実践編」によりインパクト測定・マネジメントの実践を学ぶとともに、
「選択講座」を通して、特定のテーマに関する専門的な理解を深めていきます。

flow-img01

基礎編

インパクト・ファイナンスの取り組みを第一線で実践・推進する講師陣による講義や動画、ワークを通して、インパクト・アナリストに求められるインパクト・ファイナンスやIMMの総合的な基礎知識や事例を学びます。

講師

team
金井 司

三井住友信託銀行株式会社
フェロー役員 チーフ・サステナビリティ・オフィサー

team
松原 稔

りそなアセットマネジメント株式会社
執行役員責任投資部長

team
安間 匡明

社会変革推進財団
エグゼクティブ・アドバイザー

team
小野塚 惠美

カタリスト投資顧問株式会社
取締役副社長COO

team
水口 剛

公立大学法人
高崎経済大学学長

team
菅野 文美

一般財団法人社会変革推進財団
事業本部長

team
小木曽 麻里

株式会社SDGインパクトジャパン Co
CEO

team
鈴木 栄

一般社団法人
ソーシャル・インベストメント・パートナーズ
代表理事兼CEO

team
今田 克司

一般財団法人
社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ
代表理事

募集要項・プログラム

インパクト・アナリスト研修「基礎編」の募集要項・プログラムの詳細はこちらをご覧ください。
また、これまでに皆様からいただいたご質問を「よくあるご質問」としてまとめました。合わせてご覧ください。

受講対象 社会課題解決や価値創造に向けた意思のある資金提供者
(金融・投資機関、助成財団、コミュニティ財団など)に所属し、インパクト測定・マネジメント(Impact Measurement & Management:IMM)の専門能力を身につけることを志向する方。
受講資格
  • ①金融・投資機関、助成財団、コミュニティ財団など資金提供者に所属していること
  • ②インパクト・ファイナンスを実践している、あるいは、実践する予定があること
  • ③事前課題を行ったうえで、オンラインでの全6回の講義に参加できること
定員 16名※定員を上回る応募があった場合は、受講申込書による書類審査を実施します。必要に応じて、個別ヒアリングをお願いする可能性があります。予めご了承ください。
期間 2022年6月3日(金)~8月9日(火)
講義 全6回(各回3時間)※講義のほかに、各回2時間程度のグループによる事前課題(第1回目の事前課題は「自己紹介シート」の作成)を行う必要があります。
会場 オンライン(Zoom)
受講料 一般価格 88,000円(税込)
SIMIエンゲージド・メンバー(組織・個人会員)価格 83,000円(税込)※基礎編のお申し込みと同時に、SIMIエンゲージド・メンバーにご登録いただいた場合には、エンゲージド・メンバー価格でのご受講が可能です。エンゲージド・メンバー制度の詳細はこちらをご覧ください。
申し込み期間 2022年4月1日(金)~2022年4月30日(土)
申し込み方法 2022年4月30日(土)23:59までに受講申込書を analyst@simi.or.jp までご提出ください。
受講申込書のダウンロードはこちら
Join us

募集説明会

インパクト・アナリスト研修「基礎編」の概要及び
プログラムに関する募集説明会(4月13日開催分)の録画をご覧いただけます。

実践編

2022年9月より、既に基礎的な知識習得レベルを終えたインパクト・ファイナンス(投融資を含めインパクトの創出に向けて運営される資金提供方法)を活用する意図のある資金提供者を対象に、自身の専門とする金融活動の中で正しく実践するための知識、模擬的経験、ヒントを得て実践段階へのステップアップを支援する「実践編」を開講する予定です。詳細が決定し次第、SIMIのWebサイト・ニュースレター等によりご案内いたします。

一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(Social Impact Management Initiative:SIMI)は、日本において事業者、資金提供者・仲介者、行政、中間支援組織・シンクタンク、評価者・研究者など多様なメンバーが連携して、日本全体として「社会的インパクト・マネジメント」を普及させるためのマルチセクター・イニシアチブです。

『社会的インパクト・マネジメントが実装され、社会課題解決や社会価値創造が行われている社会』をビジョンに掲げ、社会的インパクト・マネジメント・ガイドラインの作成や、Social Impact Dayや各種セミナー・研修、
グローバルなネットワークへの参画などを行っています。2022年1月現在、200を超える個人・組織が参加しています。

本研修事業は国際交流基金との協働事業として実施しています。

後援

金融庁

GSG国内諮問委員会